« 1階南側の軒周りをつくる その4 | トップページ | 1階北側の柱を立てる その1 »

2009年6月 7日 (日)

1階北側の床をつくる その1

安土城とは関係ありませんが、「カバ好きのおじさん」が書いているブログで、まったくカバについて触れないのも何かと思いまして、今回は1件紹介。

Img_1642

昨日、みなとみらいのボーネルンドで見つけました。5ピースのパズルになっています。¥2,000弱でしたから良いお買い物。

参考まで、プロフィールに載せているカバは、新谷一郎さんという作家の「夢のかなた」という作品です。また機会があれば(って安土城作りのブログでそんな機会は無理矢理つくらないとないと思うけど…)コレクションのご紹介をしたいと思います。

と言う訳で閑話休題。今週も築城開始!!

今週は北側の床作りから。

Img_1644    Img_1663

床は2枚の床板を繋いで作ります。南側と比べてひときわ大きいですね。ここで、ずっと目をつぶって見ない振りをしていた問題がとうとう顕在化しました。

Img_1643

北側と南側を繋げるとこのような大きさ!いったいこれ、この狭い我が家の何処に置くのでしょうか?う〜ん困った。

Img_1664    Img_1665

困っていても解決しないので、置き場の問題は引き続き棚に上げて作業を続けましょう。敷居をつけて柱を立てます。この敷居、厚みが3ミリあります。この模型の縮尺が90分の1ですから、実寸にすると27センチ!安土城の中を歩くのはさながら障害物競走ですね。なんてね。

これで、今週の北側の作業は終了です。続いては南側の軒周りの仕上げ。まずは西側から。

Img_1645    Img_1646    Img_1647

今週の垂木は整然としていますね。切り離してバリを取って取り付け。が、垂木が少し斜めになってしまっています。桁を付けるとき相当に気をつけたつもりでしたが、上下の桁が若干ずれてしまったのが原因。ま、修正するのも難しいし、気にしないことに。

Img_1650   Img_1662    Img_1667

続いて茅負、残りの垂木と母屋桁の取り付け。茅負に短いスパンで湾曲があるので、母屋桁も垂木も無理な角度で取り付けなければなりません。あ〜その洗濯ばさみ持ってっちゃダメ!!このところ天気が悪かったので、ため込んだ洗濯物を洗った奥様に取られました。作業が進まないじゃん(`ε´) えっ生活の方が優先?ごもっともですm(_ _)m  そこそこ綺麗に出来ました。

続いては東側の仕上げ。

Img_1652    Img_1653    Img_1654

南西の角の垂木が足りないところにつけていきます。今回は長い建材から切り出していきます。隅木の側面とピッタリつくように角度を調整しながら。ここもまあまあかな。

西側にも母屋桁の取り付け。

Img_1656   Img_1658

母屋桁も長い建材から切り出します。垂木同様、隅木の側面に合うように。

Img_1659    Img_1668

長い垂木を補強用するため、斜めの母屋桁も取り付けて東側の作業は終了です。

Img_1669

南西面の仕上げも行って、南側の軒周りの作業終了とともに今週の作業も終了。これでしばらくは1階南側を皆様にお見せする機会はなくなりそうです。

北側の作業も南側とおそらく大きくは変わらないので、ブログの情報としてはマンネリっぽくなってしまうのでしょうか?皆さん、飽きることなくお付き合いください。そうそう、北側には階段がつくのでお楽しみに(ってほどのもんでもないか)。

模型のブログに興味のある方は↓↓こちら↓↓もどうぞ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

« 1階南側の軒周りをつくる その4 | トップページ | 1階北側の柱を立てる その1 »

コメント

洗濯バサミのサイズから細かさが良くわかります。
完成したら、カバ動物園になるのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194161/45264665

この記事へのトラックバック一覧です: 1階北側の床をつくる その1:

« 1階南側の軒周りをつくる その4 | トップページ | 1階北側の柱を立てる その1 »

Google

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31